« 東宝ミュージカルアカデミー6期生 | トップページ | 速報! 『TDV』通信 »

『ウェディング・シンガー』通信

2月14日(月)

  午前中、脚本家の堀越真さんに会う。『風と共に去りぬ』の決定稿に向けての意見交換。

  午後は『ウェディング・シンガー』の稽古場へ。2幕の前半から中盤を稽古。

  昨日、一昨日と行われたダンス・ナンバーの振り固めの成果が歴然であった。今日のメニュー中にあるナンバーは、どれも以前より遥かにシャープに、そしてメリハリのあるものに進化していた。キャストの皆さん、上島雪夫さん、振付助手の松村朋子さんに感謝。
  そして、今日新たに手を付けたのは2幕4場、「バー」のシーン。ここにはマイ・フェイヴァリット・ナンバー「ひとり(Single)」がある。
  「ひとり」の面白さ、楽しさは『ウェディング・シンガー』ならではだろう。こんなに格好いいサウンドと踊りなのに、あの内容、あの歌詞である。翻訳・訳詞の飯島早苗さんの面目躍如と言えよう。
  そしてもうひと場面、ロビーとジュリアの「お互いを思う気持ち」が擦れ違ってしまう切ないナンバー「もし君に告げたら」が歌われる2幕5場も新規の場面。この近辺は「良いシーン」の連続だなあ。

  明日はいよいよ2幕終盤に突入。フィナーレまで一気に突き進む予定。

|

« 東宝ミュージカルアカデミー6期生 | トップページ | 速報! 『TDV』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東宝ミュージカルアカデミー6期生 | トップページ | 速報! 『TDV』通信 »