« GWTW | トップページ | アカデミー そして『メリー・ウィドー』 »

またスチール撮影

9月6日(月)

  松濤スタジオへ。今日もまたスチール撮影であった。

  今日撮っているのは『風と共に去りぬ』のスチールである。ここで撮られたイメージは、やがてポスターやチラシとなって皆さんの目に触れることになる。
  今回のストレートプレイ版『風と共に去りぬ』は、帝劇創立100周年を記念した公演の1本である。以前のミュージカル版『風と共に去りぬ』(大地真央さんがスカーレットを、山口祐一郎さんがレットを演じた)は帝劇創立90周年記念公演だった。
  そのミュージカル版は2001年に帝劇で初演され、その後、大阪・梅田コマ劇場、名古屋・中日劇場、再び帝劇、と上演を繰り返した。最後の上演は2006年の博多座で、その時の稽古場日記が『GWTW通信』としてこのブログに残っている。

  帝劇と『風と共に去りぬ』との関わりなどにも触れているので、興味がある方はこちらからどうぞ(2006年10月3日の初日まで続きます)。

|

« GWTW | トップページ | アカデミー そして『メリー・ウィドー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWTW | トップページ | アカデミー そして『メリー・ウィドー』 »