« 『SFF&DFF』通信 小屋入りしました。 | トップページ | 『ウェディング・シンガー』『ナンシー』『レベッカ』通信 »

『SFF&DFF』通信 初日にして千穐楽!

6月6日(日)

  晴天で何よりであった。

  スタッフは9時から直し作業。11時からAキャストのゲネプロ。終了後、A、B合同で最後の駄目出し。更に各セクションの調整、その後、開場。
  15時、Aキャストの本番。2時間弱で終演。入れ替え作業の後、夜の部開場。18時、Bキャストの本番。A同様2時間弱で終演、撤収作業へ。21時よりコリドー街の店で打ち上げ。70人での打ち上げは壮観であった。

  6月に入ってからは、時間の流れ方が普段の数倍速い様に感じられた。昨日、今日は更に速かった。
  私が今回のショーでやりたかったことが『SFF&DFF』通信の1回目に記されている。即ち「東宝版『ザッツ・エンタテインメント』を作りたい」。それが今回の私の全てであった。

  『ザッツ・エンタテインメント』は、MGM映画が創立50周年を記念して製作した、同社のミュージカル映画のハイライト場面を並べたアンソロジーである。全体が幾つかのセグメントに分かれており、セグメント毎に縁あるスターが登場してエピソードや名場面を紹介する。今回の『SFF&DFF』のフォーマットは、正に『ザッツ・エンタテインメント』であった。
  映画『ザッツ・エンタテインメント』の功績を2つだけ挙げるとすれば、「過去のミュージカル映画の再評価」と「当時のスター、クリエイター達へのオマージュ」だろう。私が今回目指したのは『ザッツ・エンタテインメント』のフォーマットを真似ることよりも、『ザッツ・エンタテインメント』が持っているその精神を(と言うことは『ザッツ・エンタテインメント』を製作したジャック・ヘイリーJrの精神を)継承することであった。

  その是非や成否には色々なご意見があるだろう。忌憚のない感想をどうかお聞かせいただきたい。私自身、数々の反省がある。

  だが、今の気持ちを率直に記せば、私はこのひとつき本当に幸せであった。

  『ザッツ・エンタテインメント』を初めて観た中学2年の春に戻った様な気持ちであった。

|

« 『SFF&DFF』通信 小屋入りしました。 | トップページ | 『ウェディング・シンガー』『ナンシー』『レベッカ』通信 »

コメント

運良くチケットを手に入れ、夜の部を拝見いたしました。セットリストをみてびっくり!本当に82曲!・・・3時間以上かかるのかしら?!と不安と期待でドキムネしましたが、非常にコンパクトに収まっておられてまた驚きました。

キャストの皆さんの力量・個性は様々でしたが、総じて近年公演または再演されている作品は皆さんの本領発揮、特にミーマイやRENTは弾けんばかりの笑顔とノリでワクワクがこちらにも伝播してました。
最近公演されていない作品の楽曲は歌いにくそうで、音の取れない方もいたような。・・・歌詞・曲の理解がやはり難しいのでしょうか?

もし機会があればベテラン俳優さんで過去のミュージカル楽曲を、若さと勢いで観たい作品・楽曲を是非今回の皆さんで、二部構成で是非また!

パンフ・セットリストも良い記念になりました。
楽しい時間をありがとうございました。

投稿: ☆ | 2010年6月 7日 (月) 16時09分

昼の部を拝見させて頂きました。 
ハリウッド全盛期のころのミュージカルナンバーは若い人にはピンと来ないのか、皆、音を出しているだけのように見えましたが、さすがに、レミゼやサイゴンのナンバーは、聞き慣れているのか、うまく聞こえました。
古いミュージカルの素敵な曲は、夢の世界にいざなってくれるような上手い方に歌わせて欲しいです。
また、ダンスシーンが王様と私など解釈が違う振付が多々あり、気になりました。
辛口ですみません。
でも、この企画はまた練って、良い音楽を残すためにも東宝の名物にして欲しいです。

投稿: | 2010年6月 7日 (月) 19時56分

山田先生の真っすぐな精神が伝わり、教え子のアカデミー生は幸せですね。
私も知人もザッツ・エンターテイメントは大好きで同じく影響を受けた一人です。
良い物は若い方達にぜひ伝えていって下さい。
期待しています。

投稿: 美奈 | 2010年6月 7日 (月) 21時40分

昼夜共に拝見しました。

短期間にこれだけの事をやってしまう、みなさんのパワーと山田さんの企画に大喝采です!
振付の才能のある方もいて、素晴らしいですね。
みなさんが一丸となって作り上げたのが伝わってきました。

ただ、正直言って盛り込みすぎな感じはしましたが・・・山田さんの今回の目的は果たせましたよね。

もしも次回があったら、ダイジョーでやったような、いくつかの作品のオムニバスのほうが見ていては楽しいです。
宝塚の新人公演みたいに、次世代スター候補のキャストで様々な作品を見てみたいです。
実力の世界なので、みんなに公平に・・・というのは逆効果な気もしました。

今回出演できなかった方の中にも素敵な方がたくさんいますし・・・
年に一回、一般の方も見れる有料公演は不可能でしょうか?
アカデミー生徒のファンも確実に増えてきていますので、是非お願いしたいところです。

恐るべしアカデミー生の未来に乾杯!!!

投稿: TMAファン | 2010年6月 8日 (火) 23時36分

喉から手が出るほど見たかったよー

あれやこれや、批評したかったなあ
ザッツエンタテイメント 一応見ていますが、すばらしいですね。あれがフォーマットなのですね。再演ないの?


投稿: new(^^)/ | 2010年6月 9日 (水) 02時08分

昼夜ともに拝見しました。

これだけの楽曲をたった3週間で仕上げたTMA生と関係者の皆様に敬服します。
ただ、それだけに仕上がりに凸凹ができてしまった点は否めないと思います。

大人数のナンバーはどれもとても素晴らしく、さすがと思いましたが、
逆にソロになると、あんなに沢山のソロにこだわる必要があったのかと・・・
ソロナンバーの中のいくつかはむしろ何人かで歌い分けたほうがメリハリがあって良かったかと思います。
正直ちょっと退屈した時間がありました。
歌や出演場面の割り振りはオーディションで決めたのですか?

それから個人的にはダンスがもっと見たかった。
ダイジョーで見たダンス試演会の印象が強烈に残っているので、
今回もあのような、特にジャズダンスがもっと見たかったです。
おそらく準備期間の関係で無理だったのかもしれませんが、
次回は是非もっとダンスナンバーを(^^)

勝手な辛口批評お許しください。期待しているゆえです^^
これからもTMA生に注目しています。

投稿: ♪ | 2010年6月13日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『SFF&DFF』通信 小屋入りしました。 | トップページ | 『ウェディング・シンガー』『ナンシー』『レベッカ』通信 »