« 『ナンシー』通信 | トップページ | 『ナンシー』通信 »

『ナンシー』通信

4月19日(月)

  立ち稽古。

  飯島さんに劣らず常に真剣なのはTEAM NACSの安田顕さんである。安田さんは人質のひとり、何かと言うとすぐにクレームを付ける自己主張の強い男・久保寺を演じる。久保寺は、ひょんなことからこの銀行に居合わせてしまったが、彼にはどうしてもここを抜け出さなければならない事情あった……。
  以前、安田さんと西村雅彦さんが共演された舞台『歌の翼にキミを乗せ~ロクサーヌに捧げるハイネの詩~』を拝見した。これはエドモン・ロスタンの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』を翻案した作品で、安田さんは原作ではクリスチャンにあたる色男を、これも真剣に演じていたことが強く印象に残っている。

  チーム『ナンシー』にはコメディを一層面白くしてくれる俳優が揃っている。

|

« 『ナンシー』通信 | トップページ | 『ナンシー』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ナンシー』通信 | トップページ | 『ナンシー』通信 »