« 『レベッカ』通信 またもやミニ | トップページ | 『レベッカ』通信 »

『レベッカ』通信 初日

3月5日(金)

  昨夜、舞台稽古の後で手順を組み直した場面を舞台であたった後、ゲネプロ。
  本来は、ゲネプロは初日の前日には終わらせておきたい。ゲネプロで見つかった問題点を修正する余地を持ちたいからである。が、残念ながら今回は初日にゲネプロである。但し、これは最初から計画されていたタイム・テーブル通り。深夜作業を連日行っていてもこのスケジュールなのである。「大劇場版」のキャッチフレーズは伊達ではない。
  舞台稽古の最中に、マンダレイの老執事フリスを演じている(本当はまだまだお若い)松澤重雄さんが、「これはもう再演じゃなくて新作ですね」と仰っていた。私も同意見である。

  ゲネプロを終えると、各セクションは最後の調整。毎度の事ながら、ここまで来ると演出家には最早するべきことも居場所もない。楽屋の廊下や舞台裏、客席ロビーなどを、用も無いのにブラブラして開演時間を待つ。
  そして18時15分。オーケストラのチューニングと共に場内が暗くなる。波音が激しさを増し、暗闇の中から1人の女性の姿が浮かび上がる・・・・・・。

  途中、30分の休憩を挟んで3時間余り。新しい『レベッカ』は無事に幕を下ろした。キャストもスタッフも、現時点でやれることは全てやった。楽しんで(或いは怖がって)いただくことができたのであれば、これ以上の歓びはないのだが。
  明日はシルビアさんの初日である。今日同様の素晴らしい初日になることを祈りたい。

  新作ミュージカル『レベッカ(大劇場版)』は、まずは名古屋・中日劇場で、3月31日まで上演中。

|

« 『レベッカ』通信 またもやミニ | トップページ | 『レベッカ』通信 »

コメント

初日おめでとうございます(^^)
クリエでは照明の美しさが印象に残っています。
楽しみにしています。
お疲れが出ませんよう。

投稿: mimi | 2010年3月 6日 (土) 02時14分

初日
皆さん、無事に初日を迎えられた様ですね。
名古屋在住の親友も、初日に駆け付けた様で、
“最後の炎上場面が見応えがあった” と、申しておりました。
私も、早く観に行きたいなぁ~

投稿: カンゴン | 2010年3月 6日 (土) 08時25分

昨日初日、本日マチネ・ソワレ観劇させて頂きました!

感想…感想?
何を書けばいいんでしょうか…。
言葉ってこういう時に正しくピッタリというものが見つけられない、という不便さがありますね…。

ざっくりニュアンスで良いなら、新作(決して再演ではありません。松澤さんの言葉に同感です)レベッカはまるでそのひとつひとつの場が、推理小説を1ページ1ページめくる面白さ、ですね!

それは「小説」を舞台化してるんだから当然だし、そういう作品はみんなそういうもの、と思ったら大きな間違いだと思います。その1ページ1ページめくるような面白さ(特に推理サスペンスの)を実際に平坦にさせず、浮き上がるように立体的に出す、という事はすごく難しいと思うんです。

その「面白さ」を新作『レベッカ』では十二分に表現出来ていると、素人感想で大変失礼なお話ですが、私にはそう感じました。
初演を何十回と観ている人間をさえ飽きさせない。それどころか、観る度に更に惹き付けられてしまう…そんな魅力的なサスペンスになってますよね!

とにかく、セットも本格的になっていて、マンダレイの城も、いかにも古くて大きくてその歴史を感じずにはいられないですし、だからこそマキシムが後継ぎとして、どんな教育を受けて来たのかも納得がいってしまう、そんな感じですね。(かなりの重責と自我の抑圧を叩き込まれたのだろうな…とか)

ラストの炎も待ち望んだ甲斐のある迫力ですし、最後の場の演出が変えられていたのは驚きでしたが、かえって幸せで穏やかな気持ちが初演時より広がった気がします。

素人が何も分からず、思ったままに書いた感想ですので表現や言葉の選び方が失礼でしたら、先生の大きな心でご容赦下さい(笑)

最後に。
先生がおっしゃっていた、シルビアさんのダニーがドライな怖さなら、涼風さんのダニーはウェットな恐怖感を誘う…意味がすごく良く分かりました。お二人とも全く違う個性、全く違う迫力で、観る者をそれぞれの狂気の世界に誘う…どちらも甲乙つけがたく、見応えがあります!合わせて、どちらもめちゃめちゃ怖いです…ichじゃなくても震えあがって、すくんじゃいそうな迫力ですよね(笑)

大阪までの4ヶ月が大変楽しめそうです。

投稿: るうか | 2010年3月 6日 (土) 23時31分

初日おめでとうございます。大劇場ヴァージョンすごく楽しみ。さ来週の名古屋遠征が待ちきれません。5日に早退して新幹線に飛び乗りたい衝動を抑えるのがちょっと大変でした。松澤さんの「ほとんど新作」という言葉で、さらに期待が膨らみます。山田さん、キャスト、スタッフの皆さん、千秋楽までお体に気をつけて頑張ってください。

投稿: ゆうなっと | 2010年3月 7日 (日) 00時01分

本日念願かなって観てきました。よかった!の一言です。もうほんとよかった。

これ以上の言葉はありません。東京の娘にも推薦。でも私ももう一度帝国劇場か

大阪で観たいと思っています。

投稿: オモちゃん | 2010年3月16日 (火) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『レベッカ』通信 またもやミニ | トップページ | 『レベッカ』通信 »