« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »

『TDV』通信

6月12日(金)

  1幕6場、1幕7場、そして1幕5場を当る。

  1幕6場はシャガールの宿の表。久し振りの晴れ間にシャガールたちが家事を片づけていると、不気味な人物が現れて……。この場面のハイライトは、アブロンシウス教授が科学者としての心得と決意を語るショー・ストップ・ナンバー「すべて順調」。石川禅さんの大真面目な熱演が楽しい。
  1幕7場はシャガールの宿のバス・ルーム。アルフレートがお風呂の支度をしていると宿の娘・サラが現れて……。更にその後、思いがけない賓客が……。この場面の泉見洋平さんと浦井健治さんは、お2人ともアルフレートを演じるために生れて来たとしか思えない。一生アルフレートだけをやっていて欲しい位である。
  そして1幕5場。深夜のシャガールの宿。伯爵さまの初登場場面である。どこからともなく現れたクロロック伯爵は、建物の外からサラに呼びかけると、再び何処かへと去って行く……。

  セットも照明も無いただの稽古場が、音楽が流れ俳優たちが演技を始めると、雪に閉ざされたトランシルバニアの山奥に思えて来る。舞台は面白いなあ。

|

« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »