« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

『シラノ』通信

4月22日(水)

  昨日できなかった2幕2場をさらった後、1幕を通す。

  随分と色々なことが整理されて、とても見易くなって来たと思う。
  格調高いのに親しみ易い。クスクス笑えるのに涙が溢れて来る。鹿賀さん演じる多面的なシラノ・ド・ベルジュラックのお陰で、そんな『シラノ』が出来上がりつつある。
  稽古後は照明打ち合わせを入念に。今回の照明は、事前の打ち合わせが通常より重要になる。劇場入りするまでに決めておかなければならないこと、用意しなければいけない素材が多いからである。

  話は変わるが、先日の『ダンス オブ ヴァンパイア』記者懇親会の様子が公式ページにUPされている。こちらからどうぞ。

|

« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

コメント

ダンスオブ・・読んできました。その通りですね、山田さんの演出は、どれをとっても
おもしろい。脚本を活かしきる天才ですね。
社交辞令!?とんでもない!

投稿: new(^^)/ | 2009年4月24日 (金) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »