« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »

『ラ・カージュ・オ・フォール』通信

10月20日(月)

  「ありのままの私たち」前半を振り起こし。

  「ありのままの私たち」はオーヴァーチュアに続く最初のミュージカル・ナンバーである。と同時にナイトクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」で上演されるレビュー・ショーのオープニング・ナンバーでもある。
  「レビューを上演するナイトクラブ」と言うものが日本には殆どないので、ちょっと雰囲気が分かり難いかもしれないが、現在でもパリにある「リド」や「ムーラン・ルージュ」をイメージしていただければよいだろう。どちらも歴史も格式もある(日本でイメージするナイトクラブとより遥かに高級な)店である。ただしリドもムーランも女装がメインのクラブではないが。
  ちなみに、鹿賀丈史さん扮するジョルジュは、若い頃「リド」で踊っていた、と言う設定になっている。台詞でも語られるのでお聞き逃しなく。

  振り起こしは猛烈なペースで進行している。が、『ラ・カージュ・オ・フォール』には手の込んだ大きなナンバーが幾つもあるので、このペースは落とせない。
  明日も振り起こし。

|

« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »