« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『ウェディング・シンガー』千穐楽 »

『レベッカ』通信

2月27日(水)

  立ち稽古3日目。

  新しい場面、1幕4場を作る。
  マキシムに見染められた主人公「わたし」は、イギリス・コーンウォール地方のマンダレイに到着する。ここからが『レベッカ』のいよいよ本筋である。
  マンダレイのお屋敷で「わたし」を出迎えたのは、マキシムの友人でマンダレイの管理人・フランク、大勢の使用人、そしてその使用人たちを束ねるミセス・ダンヴァースであった。彼らは皆、新しい「ミセス・ド・ウィンター」がどんな女なのか、と興味津津である。上流階級の暮らしぶりやしきたりを何も知らない「わたし」は(以下自主規制)。

  その後、昨日やった場面の「わたし」のミュージカル・ナンバーをおさらい。

|

« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『ウェディング・シンガー』千穐楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『ウェディング・シンガー』千穐楽 »