« 『エキストラ』通信 | トップページ | 『エキストラ』通信 »

『エキストラ』通信

11月29日(木)

  午前中は日大芸術学部演劇学科の授業。今は「生徒の書いた戯曲を私が演出する」と言うことを試みている。
  「演出する」と言うことは私の本来の職業なので、生徒たちを相手に慣れない講義をするよりも格段にやり易い、と言うことが判明した。来年度はこれだな。

  そして『エキストラ』の稽古場へ。今日もおさらい中心で。

  稽古に来られない出演者が今日もあり、例によって若手の劇団員たちが代役を務めてくれた。が、『エキストラ』は登場人物の登退場が激しく、代役を務めていた若手が本来の持ち役で登場しなければならなくなったりもするのである。
  そうなると当然代役が途中で別の若手にリレーされる訳で、しかし突然のスイッチに付いて行けなかった周囲は人物を見失って混乱し、また引き継いだ代役が役を取り違えて違う役の台詞を喋り出したり・・・。

  実に楽しい稽古場なのである。

|

« 『エキストラ』通信 | トップページ | 『エキストラ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『エキストラ』通信 | トップページ | 『エキストラ』通信 »