« 『エキストラ』通信 | トップページ | 『エキストラ』通信 »

『エキストラ』通信

11月23日(金)

  前回稽古した場面をさらい、更にその先、シーン3までの手順を付ける。

  再演される作品に後から参加する俳優さんたちの不安や苦労は相当なものであろう。
  作品の流れやテンポは出来上がっており、居場所や動線も限られ、初演からの俳優さんはキャラクターや役割を当然掴んでいて、それぞれがちょっとしたアイデアや工夫を凝らしていて、しかも台本を放している・・・。
  そこに居場所を確保しなければならない。早く追い付きたい。出来上がっている芝居を壊さずにオリジナリティも付け加えたい。笑いも取らなきゃ。何より初演より良くしたい・・・。

  今の私には、そんな初参加組の気持ちが実によく分かる。手に取る様に分かる。痛いほど分かる。

  私の気持ちも誰か分かって!

|

« 『エキストラ』通信 | トップページ | 『エキストラ』通信 »

コメント

痛い程・・・・わかる

投稿: 平間 | 2007年11月25日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『エキストラ』通信 | トップページ | 『エキストラ』通信 »