« 『ザ・ヒットパレード』通信 | トップページ | 『ザ・ヒットパレード』通信 »

『ザ・ヒットパレード』通信

6月10日(日)

  連日新しい場面を稽古、新しいナンバーをステージング。

  ところで、ザ・ピーナッツをご存知だろうか。ご存知の方には説明の必要もないのだが、1960年代から70年代にかけて一世を風靡した双子の女性デュオである。1975年に引退してしまったので、ある世代から後の方には馴染みがないかもしれない。
  『ザ・ヒットパレード』には、そのザ・ピーナッツのお2人が重要な役割を担って登場する。演じるのは堀内敬子さんと瀬戸カトリーヌさんである。

  ザ・ピーナッツと渡辺プロダクションは切っても切れぬ関係だったと思う。名古屋で歌っていた2人が上京し国民的な歌手になって行くプロセスは、渡辺プロダクションの発展と軌を一にしている。
  ここでも繰り返し書いているが、『ザ・ヒットパレード』はドキュメンタリーではなく事実にインスパイアされたフィクションである。そしてその中では、ザ・ピーナッツの歌や活動が、渡辺プロや日本のショー・ビジネス界の変遷を暗示する様な構造になっている。

  ザ・ピーナッツの歌ったあんな楽曲やこんな楽曲もふんだんに登場するので、どうぞお楽しみに。

|

« 『ザ・ヒットパレード』通信 | トップページ | 『ザ・ヒットパレード』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ザ・ヒットパレード』通信 | トップページ | 『ザ・ヒットパレード』通信 »