« 『グッドラック、ハリウッド』通信 | トップページ | 『グッドラック、ハリウッド』通信 »

『グッドラック、ハリウッド』通信

2月4日(日)

  『グッドラック、ハリウッド』は出演者3人の芝居だが、3人全員が舞台上に同席している時間はそれほど多くない。そういう意味では、これは2人芝居のヴァリエーションと言えるかもしれない。

  長塚京三さんは全8場面のうち7場面に登場していて、従って台詞の量も実に膨大である。そして長塚さん扮するボビー・ラッセルと言う人物が、大の論争好きで実に良くしゃべる。
  今日はシーン2とシーン3の立ち稽古であったが、1回の稽古が終わる毎に長塚さんは「酸欠になるよね」とおっしゃっていた。

  ご苦労様です。

|

« 『グッドラック、ハリウッド』通信 | トップページ | 『グッドラック、ハリウッド』通信 »

コメント

長塚さんと筒井さん。二人とも好きな俳優さんなので今から楽しみにしています。二人は1996年放送の「明日はだいじょうぶ」というドラマで共演していました。今頃1,2月の放送だったと思います。
筒井さんは、クリスマスの夜、最愛の妻を事故で亡くし、翌日から生後8ヶ月の息子を抱えて二人きりの生活を送ることになったシングルファザーの役を。長塚さんは、筒井さんの会社の上司役。厳しくも部下思いの素敵な上司でした。二人のやり取りなかなか面白かったです。当時、筒井さんは共演した長塚さんのことを「ドラマの役よりずっと奥深い人です。」とコメントしていました。筒井さんは24歳でバリバリ若かったです。長塚さんはナイスミドルでした。今もですね。
久世さんのことは、宝塚出身ということしか知りませんので、お目にかかれるのを楽しみにしています。長塚さん膨大な台詞お疲れ様です。体に気をつけて頑張ってください。勿論、後のお二人も。山田様も。他のスタッフの皆様も。

投稿: クルミ | 2007年2月 5日 (月) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『グッドラック、ハリウッド』通信 | トップページ | 『グッドラック、ハリウッド』通信 »