« 『グッドラック、ハリウッド』通信 | トップページ | 『グッドラック、ハリウッド』通信 »

『グッドラック、ハリウッド』通信

2月3日(土)

  稽古開始から1週間が経過した。今のところ稽古は順調である。

  昨日の稽古休みを利用して、稽古場には仮の舞台装置が建て込まれた。
  『グッドラック、ハリウッド』の舞台となるのは、ハリウッドにある大手映画会社のスタジオ内に建っている契約脚本家のためのオフィスの一室である。ここは、長塚京三さん扮するベテラン脚本家兼映画監督ボビー・ラッセルのオフィスなのである。
  この部屋に、スタジオが新たに契約を結んだ新進脚本家デニス・プラットが自分のオフィスと間違えて入って来たところから『グッドラック、ハリウッド』は幕を開ける。デニスを演じるのが筒井道隆さんで、長塚さんも筒井さんも、私は今回が初めてのお仕事になる。

  ボビー・ラッセルには有能な女性秘書メアリー・オヘアが付いていて、彼女を久世星佳さんが演じる。久世さんとは昨年『ハゲレット』と『プライベート・ライヴズ』をご一緒しているので、この一年で最も顔を合わせた俳優さんと言うことになる。
  『グッドラック、ハリウッド』の出演者は以上の3人で、つまりこれは3人芝居なのである。

|

« 『グッドラック、ハリウッド』通信 | トップページ | 『グッドラック、ハリウッド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『グッドラック、ハリウッド』通信 | トップページ | 『グッドラック、ハリウッド』通信 »