舞台『キングダム』新ヴィジュアル&プロモーションビデオ

 舞台 『キングダム』 の新ビジュアルとプロモーションビデオが公式サイトで公開された。

 こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『アニー』2023ダンスキッズ・オーディション そして『ヘアスプレー』大千穐楽

11月20日(日)

 丸美屋食品ミュージカルアニー。2023年の“ダンスキッズ”を選ぶオーディションが昨日と今日で行われた。

 『アニー』で振付を担当しているのは広崎うらんさん。うらんさんとダンスチームの皆さんが愛情たっぷりに、そして入念にオーディションを行った。その結果、チーム・バケツとチーム・モップ合わせて12名のキッズが選ばれた。

 オーディションに参加してくれた全員に、この場を借りて拍手を贈りたい。そして、応援してくださったご家族やダンスの先生方には感謝を。皆さんのお力で『アニー』は続いて行くのです。

 12名の顔ぶれは公式サイトでほどなく発表されるだろう。どうぞ楽しみにお待ちいただきたい。

 さて。

 ブロードウェイ・ミュージカルヘアスプレーが名古屋・御園座で大千穐楽を迎えた。

 本来であれば2020年に上演されていた筈の『ヘアスプレー』が、2年遅れではあったが上演に漕ぎ着けた。
 コロナにより東京公演の開幕が2日遅れ、大阪公演は10月29日以降の全公演が中止となったが、こうして大千穐楽を迎えられたことは素直に喜びたい。キャスト、スタッフをはじめとする上演関係者の皆さんや、ご覧いただけなかったお客様の気持ちを思うと、その喜びも中くらいではあるのだが。

 またボルティモアのみんなと会える日が来るだろうか。

 会えたらいいなぁ……。

| | コメント (0)

舞台『キングダム』 キャスト&クリエイティブ・チーム発表

 舞台『キングダム』(2023年2月~)のキャストとクリエイティブ・チームが発表になった。

 公式サイトへはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly 開幕!

11月14日(月)

 2022年の『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』が昨日開幕した。ダブルキャストは森公美子さんと吉野圭吾さんで、もう1組の朝夏まなとさんと大澄賢也さんも今日無事に初日を迎えた。

 期日通りに開幕に漕ぎ着けたことにまずは安堵している。どうかこのまま。どうか千穐楽まで。

 では今回公演のトピックを幾つか。

 入場して最初に目に入る「Sister Act」のロゴが新しくなっている。
 今回の上演より“版権を管理する代理店”が変わったことに伴う変更で(以前はStage Entertainment社、今回からMTI社)、私たちの判断ではないのだが。

 過去の公演ではキャストが客席に降りて行く演出があったのだが今回は見合わせている。
 キャストと観客が安心して交流できる日が戻るのはいつになるのだろう。

 カーテンコールの名物であった「一緒に歌おう踊ろう!!」は今回も実施されている。
 ただし「歌わないで踊ろう!!」である。どうぞ気楽なお気持ちでご参加くださいますように。

 シスター・メアリー・ラザールス役の春風ひとみさんが体調不良で初日より休演。
 が、ほどなく戻っていらっしゃるだろう。代役を見事に務めてくれた桜雪陽子さんに感謝。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』東京公演は12月4日(日)まで。その後、大阪、広島、愛知、福岡、長野へ参ります。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

11月7日(月)

 ピアノでの通し稽古を済ませ、オーケストラとキャストの合わせ(通称「オケ合わせ」)を経て、昨日と今日は“リズム隊”での(フル編成のオーケストラではなく選抜メンバーで)通し稽古。今日で稽古場での全行程は終了である。

 毎度同じ感想を述べることになって恐縮なのだが、「オーケストラの演奏を聴く瞬間」がミュージカル製作の中で最もわくわくする瞬間である。

 私事だが、小学校高学年から中学校にかけて「ポップス・イン・デイリー」と言うラジオ番組を聴取していた。FM東京(現在の東京FM)で平日の夕方にオンエアされていた音楽番組なのだが、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』で全編に渡って流れるソウル・ミュージック(フィラデルフィア・ソウル)を初めて耳にしたのがその番組であった。番組で当時のソウル・ミュージックを代表する楽曲「ハッスル」が紹介された時のことは今でも鮮明に覚えている。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』で取り上げられているソウル・ミュージックは1970年代に流行したサウンドである。『ヘアスプレー』では60年代のサウンドが、そして『ウェディング・シンガー』では80年代のサウンドが我々を大いに楽しませてくれた。

 “時代”の特徴的な音楽をフィーチャーしたミュージカルは楽しいなぁ。

 さて。

 東急シアターオーブでは仕込み作業が始まっている。初日まで1週間を切った。(次回もWeeklyなのか……?)

| | コメント (0)

ミュージカル『ジキル&ハイド』 公式サイト リニューアル

 ミュージカル『ジキルハイド』の公式サイトがリニューアルされた。全キャストが発表され、地方公演の告知もされている。

 こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

11月1日(火)

 通し稽古。

 立ち稽古は、まず「1場面ずつ」稽古するところから始まって、それが進むと次は「3~4つの場面を繋げて」の稽古に移行する。それが進むといよいよ「通し」稽古である。

 「繋げてみて初めて見えてくること」と言うものがあって、今日も色々なことが見えてきた。「とても良いこと」が少なからず見えてきたし、「調整で更に良くなりそうなこと」も見えてきた。
 なので通し稽古後のノートではそれらのことをカンパニー全体で共有し、次回の通し稽古に備える。

 そして翻訳・訳詞の飯島早苗さんが顔を出してくださった。

 飯島さんとの初仕事は(今は無きル・テアトル銀座で上演された)『春が来た』だから、もう20年の付き合いになる。その後も『プライベート・ライヴズ』『ウェディング・シンガー』『ニューヨークに行きたい!!』などで何度となくお世話になった。
 同世代で、小劇場から出発して幅広い作品を手掛けるようになった経歴など共通点も少なくない。とても親近感を抱いている(少なくとも私は)劇作家のおひとりなのである。

 さて。

 別稽古場ではオーケストラのリハーサルも始まる。稽古場で過ごす時間も残り僅かである。

| | コメント (0)

2023年のアニーと孤児たち 決定!

10月30日(日)

 2023年の丸美屋食品ミュージカル『アニー』に登場する「アニー役」と「孤児役」が決定した。

 毎年、その審査は喧々諤々(けんけんがくがく)、発表時刻ギリギリまでかかってようやく納まるところに納まるといった様子なのだが、今年はとうとう発表時刻(17時)に間に合わなかった。それほど今年は参加してくれた皆さんの力量が拮抗していたということなのだが、お待たせしてしまった皆さん、ごめんなさい。

 公式サイトでは現時点ではアニー役の2人だけが紹介されている。が、ほどなく孤児役の皆さんも紹介されるだろう。ネット上のニュースでは既に全員を紹介してくださっているところもある。素早いお仕事、ありがとうございます。

 オーディションでは「選ばれる人」がいれば「選ばれなかった人」がいる。残念ながら選ばれなかった皆さんに私は最大の拍手を送りたい。皆さんが見せてくれた歌、ダンス、演技は私たち審査員一同を心の底から感動させてくれました。

 2023年の丸美屋食品ミュージカル『アニー』は東京・初台の新国立劇場中劇場で4月22日~5月8日に開催の予定。夏休みには恒例の全国ツアーも行われるはずである。

| | コメント (0)

『アニー』オーディション

10月29日(土)

 丸美屋食品ミュージカルアニーの「アニーと孤児たち」を選ぶオーディション。毎年今の時期に開催されているのだが、2023年公演に向けての最終審査が今年も今日と明日で行われている。

 既に“動画と書類による審査”が2回に渡って実施され、今日はそれを通過した皆さんと私たち審査員との“対面による”最終オーディションである。
 コロナ禍以前は最終審査に先立つ2次審査も対面で行っていたのだが、現在は対面は最終審査のみになっている。なのでようやく皆さんとお会いすることができました。

 今日の対面審査で更に人数が絞られ、明日はワークショップ審査と演技審査が待っている。そして17時には結果発表……となる予定。

 皆さんが伸び伸びと課題に取り組むことができますように!

 

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

10月24日(月)

 稽古前に森公美子さん、朝夏まなとさんとプログラム向けの対談。どんな内容だったか……は、どうぞ公演プログラムで(森さん・朝夏さん・私の撮り下ろし写真あり)。

 稽古は2幕の後半に差し掛かっている。このペースで順調に進めば、次回の『シスター・アクト』Weeklyまでには2幕の最後までたどり着いているはずである。
 コロナ禍以降、演劇業界ではコロナ以前のような長時間の稽古は控えられていて、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の稽古場も例外ではないのだが、そのような状況にあっても連日実りの多い稽古が繰り広げられている。初心にかえる……と言うと大げさに聞こえるかもしれないのだが、少なくとも私はそんな心づもりで稽古場に通っている。
 続投のキャストの皆さんもそんな心づもりでいらっしゃるらしく、今までの芝居を再点検されている様子をしばしば目にする。

 と言うことはつまり……今回は“集大成”ってことですね。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

10月17日(月)

 連日、ミュージカル・ナンバーの振り付け/ステージングと芝居部分の立ち稽古を進めている。
 今日は女性中心の(つまり“シスターたち”の)ナンバーと男性中心の(つまり“ギャングたち”の)ナンバーを振り付け、そして立ち稽古。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』で振付を担当してくださるのは田井中智子さんと(カーティス役を兼任する)大澄賢也さんである。今日のメニューは田井中さんが担当しているナンバーであった。
 振付助手は坂元宏旬さんであるが、坂元さんは「田井中さん・大澄さんお2人の助手」なので、振り付け/ステージングがメニューにある日は無休で活躍することになる(その上キャストも兼任している)。

 明日も終日振り付けなのだが、明日予定されているナンバーは大澄さんの担当なので、田井中さんは明日はお休みである。坂元さんはそれが羨ましくてならないらしい。

 稽古と並行して別稽古場では衣裳合わせ(コスプレ)

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

10月11日(火)

 ミュージカル・ナンバーの振り付け/ステージングは順調に進んでいる。で、芝居部分を含む立ち稽古も本日よりスタート。

 今日は幕開きから3場面。デロリスが“ある事件”を目撃してしまい、慌てて逃げ出して警察に飛び込む……その直前まで、である。
 立つ前にまずは着席で読み合わせ、必要な確認をしたのち立ち稽古に進む。「以前から続投する皆さん」に先に演じてもらい、そののち「今回からの皆さん」に交代して……と言う段取りである。

 続投の皆さんは程よく“力の抜けた”感じで何ともナチュラル。新しい皆さんは“前回をなぞる”ではなくゼロから芝居を立ち上げている。
 続投の皆さんもそれに合わせて新たな芝居運びに向き合っている。とても建設的な立ち稽古初日であった。

 それにしても、このところ1日の内の寒暖差が大きい。朝夕は肌寒いのに日中は汗ばむような日も珍しくない。

 皆さん、どうぞご自愛くださいませ。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

10月4日(火)

 歌稽古を順調に消化して、本日よりステージングがスタート。

 主人公の“売れない”歌手=デロリス・ヴァン・カルティエを演じるのは森公美子さんと朝夏まなとさんのお2人。森さんは初演(2014年)からの持ち役で、朝夏さんは前回(2019年)からの続投である。

 ほかに修道院長役の鳳蘭さん、“汗かき”エディ・サウザー巡査役の石井一考さん、カーティス・ジャクソン役の大澄賢也さん、シスター・メアリー・ラザールス役の春風ひとみさん、TJ役の泉見洋平さん、ジョーイ役のKENTAROさんたちが続投で、オハラ神父役の太川陽介さん、カーティス役のもうひとり=吉野圭吾さん、シスター・メアリー・ロバート役の真彩希帆さん、シスター・メアリー・パトリック役の谷口ゆうなさん、パブロ役の木内健人さんたちが今回からのニュー・キャストである。

 原作である映画版『天使にラブ・ソングを』も大変楽しい作品であるが、私たちの『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』には映画とは違った楽しさがある。前回も記したが、映画版はミュージカルではないので、ミュージカルならではのダイナミズムを味わえるのは舞台版だけの特権なのである。
 映画版の時代設定が「製作された時点(1992年)の現代」であるのに対してミュージカル版は「1977年」に、そして修道院の場所も映画では「サンフランシスコ」であるのがミュージカルでは「フィラデルフィア」に改変されている。その改編の結果、ミュージカル版のために製作された楽曲はその大半が「1970代に一世を風靡した(フィラデルフィア発祥の)ソウル・ミュージック」のテイストで作られることになった。

 厳かな修道院にセクシーなソウル・ミュージックが鳴り響く。

 それこそがミュージカル版『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』最大の眼目なのだと思う。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』 東京千穐楽

10月2日(日)

 ミュージカルヘアスプレー東京公演が千穐楽を迎えた。

 胸を撫で下ろすとともに、キャスト・オーケストラ・スタッフ、全ての公演関係者の皆さんに「お疲れさまでした」と伝えたい。
 そしてご来場くださった皆さん、応援してくださった皆さんに心の底からの感謝を。

 『ヘアスプレー』カンパニーは引き続き福岡大阪名古屋へと赴く。まだ「50公演が残っている」のだそうで(千穐楽のご挨拶での渡辺直美さん/談)、と言うことはまだまだ気を緩めるわけにはいかない。

 毎度毎度同じようなことを記してしまうのが歯がゆいのだが、観劇後、お友達やご家族で安心して美味しいものを食べに行ける世の中が1日も早く戻ってきますように。それを含めて「観劇の喜び」だったはずである。

 その日を首を長くして待ちましょう。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』Weekly

9月26日(月)

 ミュージカル天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~の稽古が始まっている。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は、ウーピー・ゴールドバーグ主演で大ヒットしコメディ映画『天使にラブ・ソングを』(1992年/エミール・アルドリーノ監督)を原作とするミュージカル・コメディである。修道院の聖歌隊が活躍する物語なので映画にもたくさんの歌が登場するが、映画は“音楽映画”ではあるものの“ミュージカル映画”ではない。

 ミュージカル版は2006年にアメリカ・カリフォルニア州のパサディナ・プレイハウスでトライアウトを行い、正式な公演は2009年6月2日にウェストエンドのロンドン・パラディアムでオープンした。大幅に改定が施されたブロードウェイ版は2011年4月20日にブロードウェイ劇場で開幕、台本とスコアをブロードウェイ版に準ずる日本版は2014年6月1日に帝国劇場で初演の幕を開けた。以後2016~17年、2019~20年と再演を重ね、今回が「4演目」となる人気作品である。

 作品についてや裏話などは過去の『シスター・アクト』通信にその都度記してきた。なので、ご興味のある方は過去の『シスター・アクト』通信をお目通しいただければ幸いである(このページ右の「カテゴリー」欄にある『シスター・アクト』をクリックしてください)。

 ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は11月13日(日)に東京・渋谷の東急シアターオーブで幕を開け、そののち大阪、広島、愛知、福岡、そして長野へと赴く。

 では、開幕まで「週1くらいのペース」でお付き合いくださいませ。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信/開幕

9月19日(月)

 ブロードウェイ・ミュージカル『ヘアスプレー』が2日遅れで開幕した。

 何よりもまず、17日と18日の公演をご覧になる予定だった皆さんにお詫び申し上げたい。それから、開幕に向けて全力を尽くしてくださったキャスト・オーケストラ・スタッフ、並びに公演関係者の皆さんに最大級の感謝を。皆さんのお力で開幕を迎えることが可能となった。

 今日、客席の後方に座っていて感じたことは、『ヘアスプレー』と言う作品とこのカンパニーが持っているポテンシャルの高さは“驚異的”だ、と言うことである。今日の客席の様子は既に多くの方がSNSなどで触れてくださっているが、その様子がそのことを物語っているように感じられる。

 どうかこのまま千穐楽まで上演が続いて欲しい。

 いま現在の心からの願いである。

| | コメント (0)

ご報告 『ヘアスプレー』

 ミュージカル『ヘアスプレー』公演実施のご報告です。

 こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』より大切なお知らせ

 ミュージカル『ヘアスプレー』。
 9月17日(土) と18日(日)の公演が中止になりました。

 詳細はこちらから。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』ニュース MUSIC FAIR

 9月17日(土)18時~放送予定のMUSIC FAIR(フジテレビ系列)にチーム・ヘアスプレーが出演!

 お楽しみに!

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

9月6日(火)

 1幕のおさらい。
 久しぶりの場面などもあって“やや”手こずり、終了予定時刻を“やや”オーバー。

 別稽古場では昨日からオーケストラのリハーサルが始まっている。オケ合わせ(オーケストラとキャストの合わせ稽古)の日が待ち遠しい!

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

9月5日(月)

 稽古前に、先日できなかった分の衣裳合わせ。
 稽古は2幕のおさらい。

 稽古場は“初演”作品に付き物の混沌と狂喜に満ちている。

 なんて素敵な商売!(There's No Business Like Show Business!)

| | コメント (0)

舞台『キングダム 第二弾キャスト発表

 舞台『キングダム』(2023年2月上演/帝国劇場)の第二弾キャストが発表された。

 公式サイトはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

2023年の『アニー』

 丸美屋食品ミュージカルアニー
 2023年のアニー役・孤児役の募集が始まっている。

 詳細はこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

9月3日(土)

 「グッドモーニング・ボルティモア」「最高にいかしたやつら」「マディソン」「ミス・ボルティモア・蟹」「もう子供じゃない」「ビッグ・ブロンド・アンド・ビューティフル」「ビートは止められない」……などをおさらい。そしてカーテン・コールを作る。

 カーテン・コールに手を着けると「稽古場もいよいよ終わり……」と言う気分になってくる。そして明日は稽古場最後のOFF。

 皆さん、どうぞ良い休息を。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

9月2日(金)

 「ようこそ六十年代へ」、「ビッグ・ドール・ハウス」、「愛こそすべて」、2幕2場、2幕4場……などをおさらい。

 稽古後は照明打ち合わせ。照明デザイナーは(私と生年月日が同じなことでこのブログではお馴染みの)高見和義さんである。照明CUEの総数は400代の中頃……になりそう?

| | コメント (0)

古谷一行さん

 古谷一行さんが亡くなった。

 古谷さんと初めてご一緒したのは『サウンド・オブ・ミュージック』(1998年/日生劇場)。私の初めてのブロードウェイ・ミュージカルで、古谷さんはフォン・トラップ大佐を演じてくださった。
 2作目は世界的ベストセラー小説『マディソン郡の橋』の世界初の舞台化(1999年/天王洲アートスフィア、他。2001年に再演)で、主人公と恋に落ちるカメラマン=ロバート・キンケイドが古谷さんの役。
 続くアガサ・クリスティ/作の本格ミステリー『検察側の証人』(2002年/ル・テアトル銀座、他)では勅選(ちょくせん)弁護人のウィルフリッド・ロバーツ卿を演じていただいた。

 最後にご一緒したのは谷崎潤一郎さんの小説を原作とした喜劇『台所太平記』(2015年/明治座)で、古谷さんは原作者を思わせる小説家=千倉磊吉(らいきち)を飄々と演じてくださった。

 『サウンド・オブ・ミュージック』では舞台上でギターを弾きながら「エーデルワイス」を歌っていただいた(弾き語り!)。『検察側の証人』では“法律用語満載”の台詞と格闘しながら「覚えられないよ……」とこぼされ、『台所太平記』では稽古を終えようとする私にいつも「もっと稽古しようよ!」とねだられた。

 稽古が好きで好きでたまらない“稽古の虫”でいらっしゃった。

 ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

9月1日(木)

 昨日に続き、衣裳&ウィッグの合わせ。
 点数が点数なので……大変。

 キャストの皆さん、お疲れさまでした。
 神田さん、宮内さん、衣裳チームの皆さん、ヘアメイク・チームの皆さん、そして進行の面倒を見てくれた演出部の笠原桃子さん、ありがとうございました!

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月31日(水)

 終日衣裳&ウィッグの合わせ。

 『ヘアスプレー』の衣裳デザイナーは神田百美さん、ヘアメイク・デザイナーは宮内宏明さんである。
 ブロードウェイ版でも映画版でも衣裳とヘアは『ヘアスプレー』の見どころのひとつであった。私たちの『ヘアスプレー』でもキュートな衣裳やヘアが次々と登場する。今日も誰かが新しい衣裳&ウィッグを着用するたびに稽古場には「かわいい~♡」の声が飛び交った。

 明日も終日衣裳&ウィッグ合わせの予定。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月30日(火)

 残されていた最後のビッグ・ナンバー「ビートは止められない――パート2」を振り付け。担当は原田さん&MEDUSAさん。
 そののち2幕5場(ミュージカル・ナンバーが4つもある!)を、芝居パートを含めて整理。
 更にそののちNOPPOさん担当のナンバーをブラッシュ・アップ。
 今日は“振付チーム全員集合デー”でした(超豪華!)。

 これでほぼ全場面に手を着けた。まだまだ粗削りだが、クォリティは日々確実にアップしている。

 ……と思う。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月29日(月)

 2幕5場を立ち稽古。そののち「愛こそすべて」の続き。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその16「グレン・ミラー」。
 グレン・ミラーは1930年代末から40年代にかけて大人気を博したバンド・リーダー/ミュージシャンである。第2次大戦中、戦地慰問に向かうために搭乗した航空機が消息を絶った。その半生は『グレン・ミラー物語』(アンソニー・マン監督、ミラー役はジェームズ・スチュワート)として映画になっている。代表曲に「ムーンライト・セレナーデ」など。

 劇中では“古き良きもの”に愛着のあるらしいエドナが「ふたりはいつまでも」の歌詞で触れている。

| | コメント (0)

«『アニー』2022 夏のツアー終演